ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studio nuts)」です。

本日は、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)エピの2つ折り長財布のご依頼を頂きました。

【データ】

ブランド/製品名:LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)/エピ
製品種別:2つ折り長財布
カラー:ブラック
劣化状態:お財布外周部分のひび割れ、破れなど
ご依頼内容:お財布外周革巻き補強

※施工後のブログはこちら

【before】
DSC02205 DSC02209 DSC02211 DSC02213

今回ご相談頂きましたのは、ブランド財布の中でも人気の高いLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のエピライン、2つ折り長財布でございます。

お財布の表面自体には、特に目立つダメージは無く綺麗な状態でしたが、お財布の外周部分の劣化が進み始めています。

こちらの2つ折り長財布タイプは、素材の断面部分などが見えないように、エピ独特のトラ模様の外側の素材が、お財布の内側面に織り込まれて縫製されているという構造になっています。

ただお写真でもご覧頂けるように、どうしてもお財布の特性上、2つ折りになった山折り部分の角が真っ先にダメージを受けてしまいます。

こちらのご依頼品も、外周部分に小さな破れやスレ、またスレによって素材自体が削れて薄くなっているといった劣化も見受けられますが、特に目立つのが山折り部分のひび割れと、加工が解けて開いてしまった穴です。

今回は、今後の耐久面なども考慮しまして外周部分にパイピングのように新たな革を巻くという修理方法でご提案させて頂きました。

どうしてもダメージのいきやすいお財布の外周部分に、丸くパイピングのような加工をすることで、新たに車のバンパーのようなモノを取り付けるような効果が期待できます。

さて、こちらのルイヴィトンのエピがどのような仕上がりになるかは、また後日ご紹介致します。