ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日はdunhill(ダンヒル)の、長財布の角スレ、角破れの修理ご相談を頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:dunhill(ダンヒル)
製品種別:長財布
カラー:ブラック
現在の状態:お財布2つ折り部分の角スレ、角破れ、部分的な色剥がれ
ご依頼内容:部分革巻き補強修理+スレ傷補修+色剥がれ部の補色

※施工後のブログはこちらからどうぞ。

【before】

本日は、イギリスの老舗ファッションブランド「dunhill(ダンヒル)」の長財布のご紹介です。

大人な男性、ジェントルマンが持つブランドといった印象のダンヒルですが、サッカー日本代表のオフィシャルスーツがダンヒルというのは有名なお話ですね。

今回は、そんなダンヒルのレザー長財布の修理ご相談です。

一見、表面は大きなダメージもなく修理する箇所が見当たらないような印象ですが、よく見てみますとお財布が2つ折りになる角の部分の傷、色剥がれが目立ち始めています。

経年劣化によって発生したスレが色を剥がし、角部分の革も削れて少し減ってしまっているように見受けられます。

現状のままで放置しますと、革自体が弱っているため更にダメージが進んで行ってしまう恐れが考えられます。

またお財布を開けて内側を見てみますと、本当に部分的ではありますが色剥がれが発生していました。

今回は、内側の色剥がれ部分の補色も含めまして、角部分の革巻き補強と傷埋め修理をさせて頂きます。

角部分のダメージをよく見てみますと、お財布の左右でダメージの度合いが違う事が分かります。
正面から向かって右側の角の方がスレ傷が進行していて、元々の縫製箇所にまでダメージが達しています。

修理内容と致しましては、劣化が進んでいる右側の角スレには新たに革を巻き付けて補強修理を行い、反対の左側の角スレには補修剤での傷埋め修理を行います。

どんな仕上がりになるかは、また後日ご紹介致します。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studio nuts)」まで!!
革財布やレザーバッグの色剥がれ、変色、黄ばみ、黒ずみ修理、、縫製修理から、靴、ソファなど様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。