ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

お盆休みですね~☆
ラジオを聞いていると、帰省ラッシュ渋滞は相変わらず凄いですね!
たまたまなのですが、私は田舎がないのです。
今も生まれた土地に住んでいて、両親も二人も同じ土地出身なのです・・・。
子どもの頃は「田舎に行くねんー」という友達がとても羨ましかったのですが、大人になってしまうとこんなに楽な事は無いな!と考えを改めました。笑
どこもかしこも渋滞してそうなので、皆様ご安全に!

本日は、LOEWE(ロエベ)ラウンドジップ長財布の外巻きパイピングのスレ・破れのお修理が完了しましたのでご紹介致します。

【データ】

ブランド/製品名:LOEWE(ロエベ)
製品種別:ラウンドジップタイプの長財布
カラー:パープル
劣化状態:パイピングのスレ・破れ
ご依頼内容:パイピング交換

※施工前のブログはこちらからどうぞ!!

【before/after】

いかがでしょうか?

素材に強いこだわりを持った「LOEWE(ロエベ)」のお財布ですが、柔らかい革を使用していると角のスレ・破れ等の劣化はどうしても早くなってしまいます。

カーフ(子牛の革)・ナッパなどのラムスキン(子羊の革)を使用している製品は、とても上質な柔らかい質感で私も大好きなのですが・・・やっぱり耐久性はあまり持ち合わせていません。

しかも!表面を加工されていない場合には、クリーニングやオイルメンテナンスが非常に難しくなってきます。
とても柔らかく、クリーナーやオイルをとてもよく吸い込んでしまい、シミを作ってしまう事があるのです。

オイルメンテナンスをしなければ、革の乾燥が進み、スレ・破れを起こしやすくなる・・・けど、お手入れは結構難しい・・・。
とてもとてもデリケートな手のかかる革です。

この度はパイピングの一部が破れて裂けてしまっていたので、パイピングを新しい革で巻き直すお修理でした。
お財布のフチ(外周)は劣化が進んでもあまり重要視されないことが多い気がするのですが、こうしてお修理してみると少しの部分も大事なのだなーと思います。
パッと見の印象が全く違ってきますね!

この度は当リペアサービスにご依頼頂き、誠にありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けると幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studio nuts)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
お財布やバッグのカスタム、仕様変更、カラーチェンジなどから、色剥がれ、変色、黄ばみ、黒ずみ修理など、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。