【WILSONS LEATHER(ウィルソンズレザー)】レザージャケットの襟破れ修理のご相談を頂きました!

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、WILSONS LEATHER(ウィルソンズレザー)のレザージャケットの襟破れ修理のご相談を頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:WILSONS LEATHER(ウィルソンズレザー)
製品種別:レザージャケット
カラー:ブラウン
劣化状態:襟部分の破れ、黒ずみ、乾燥
ご依頼内容:襟部分の張替え、パーツ交換

※施工後のブログはこちらからどうぞ!!

【before】

本日はWILSONS LEATHER(ウィルソンズレザー)のレザージャケットのご紹介です。

ジャケット全体に豚革が使われた大変雰囲気のあるレザージャケットで、オーナー様のお気に入りの一着だそうです。

ただ経年劣化によりまして、襟首部分に皮脂などの汚れがしっかりと入り込んでしまっていて、黒ずみが発生してしまっています。

更に汚れなどの影響で、柔軟性が無くなり硬くなってしまった革がスレてしまって破れまで出て来ています。

今回のジャケットのような破れは、革に入り込んでしまった皮脂などの汚れが革に柔軟性を無くし乾燥させることに起こるケースが多く、ルイヴィトンのモノグラムバッグなどで使われているヌメ革なんかでもよく見かける症状です。

汚れの浸透や乾燥が軽度であれば、レザーケアやメンテナンスなどで対処することが出来ますが、今回のケースでは破れた部分を手で引っ張ると、枯葉のように千切れてしまうような状態です。

今回は破れが発生しています襟首パーツを、一式張り替えて修理させて頂く事になりました。

破れ自体は首の後ろ周辺だけでしたが、襟全体に黒ずみが見受けられ、乾燥も進んでしまっている状態でした。
このままでは、襟全体に破れが広がってしまう恐れが考えられましたので、襟のパーツ自体を新しい革で交換させて頂きます。

さて、こちらのWILSONS LEATHER(ウィルソンズレザー)のレザージャケットがどんな仕上がりになるかは、また後日ご紹介致します。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studio nuts)」まで!!
レザージャンパーやレザージャケットなど、革衣類の色剥がれ、変色、黄ばみ、黒ずみ修理、縫製修理から、バッグや靴、ソファなど様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Follow me!

人気ブログ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

pick up
おすすめの記事