ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、IL BISONTE(イルビゾンテ)の長財布の黒ずみ修理のご相談を頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:IL BISONTE(イルビゾンテ)/
製品種別:長財布
カラー:オレンジ
劣化状態:黒ずみ、色褪せ、黄ばみ、汚れ、スレ傷など
ご依頼内容:メンテナンス+スレ補修+カラーリング+コーティング

※施工後のブログはこちらからどうぞ!!!

【before】

本日はIL BISONTE(イルビゾンテ)の長財布の、汚れや黒ずみが気になるという事で修理のご相談を頂きました。

イルビゾンテらしいと言ってしまうと怒られてしまいそうですが、イルビゾンテの革らしい経年劣化が出てきていますね。

元々、キャメルと言うかオレンジというかといった色味でしたが、お財布の外周や角、折り曲がり部分などに汚れが入り込んでしまって、黒ずみが目立ってきています。

お財布のフタが被さる部分には本来の色が残っているので、バイカラーようにクッキリと色の差が発生してしまっていますね。

今回の修理内容としましては、お財布外側のお色直しをさせて頂きます。

まず革の内部まで入り込んでしまった皮脂や汚れを、専用のクリーナーなどで落としてから、革に栄養と潤いを与える保湿作業を行って、革素材自体のお手入れを行います。

その後、お財布を使っている間に入ってしまった細かなスレ傷を補修して、表皮を整えていきます。

最後に、本来の色味に合わせて調合したカラーリング剤でお色直しをして仕上げていきます。

さて、こちらのIL BISONTE(イルビゾンテ)のお財布が、どのような仕上がりになるかはまた後日ご紹介致します。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグやお財布などシミ、黒ずみ、汚れやスレ傷修理から縫製修理など、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。