【TSUMORI CHISATO(ツモリチサト)】ラムレザージャケットの破れのご相談を頂きました。

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、TSUMORI CHISATO(ツモリチサト)のレザージャケットをひっかけてしまい破れてしまった!とご相談を頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:TSUMORI CHISATO(ツモリチサト)
製品種別:ラムレザージャケット
カラー:ブラック
現在の状態:かぎ状破れ
ご依頼内容:革当て接着補修

※施工後のブログはこちらからどうぞ!!

【before】

襟のニットリブが大きくて、とっても可愛いデザインのレザージャケットです。
TSUMORI CHISATO(ツモリチサト)と言えば、ネコのデザインが多かったり、個性的なデザインカットがされている商品が多くて、私も大好きなのです。(*’ω’*)

そんなジャケットですが、腕の部分がドアノブに引っかかってかぎ状に破れてしまったとの事です。
…わかります。私もよく色んなものに引っかかります。
私の場合はなぜかニットの時によく引っかかり、穴が開いてしまったニットが多数です…(._.)
後は襟がびよーんっと伸びてしまったり。

と、私の話はさておき、こちらのレザージャケットを拝見させて頂くと、ラムレザーのとっても柔らかい上質な革。
ラムレザーは柔らかくて繊細な革な分、耐久性や強度は牛革に劣ります。
革の状態はとても良く、綺麗で乾燥もまだ見られない良い状態なのですが、引っかかりの力にラムの柔らかさが耐え切れなかったのだと思われます。

牛革や一見しっかりしていそうな革でも、乾燥が進んでいると少しの事で破れが生じます。
潤っている繊維層は弾力を持ち、しっかりと結びついています。
乾燥すると裂けるように繊維層がバラバラになる状態ですので、少しの力で破れてしまうのです。

さて、こちらのTSUMORI CHISATO(ツモリチサト)のラムレザージャケットの破れ修理がどのような仕上がりになるかはまた後日ご紹介致します。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグやお財布などシミ、黒ずみ、汚れやスレ傷修理から縫製修理など、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です