ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、IL BISONTE(イルビゾンテ)の長財布の黒ずみ修理が完了しましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:IL BISONTE(イルビゾンテ)/
製品種別:長財布
カラー:オレンジ
劣化状態:黒ずみ、色褪せ、黄ばみ、汚れ、スレ傷など
ご依頼内容:メンテナンス+スレ補修+カラーリング+コーティング

※施工前のブログはこちらからどうぞ!!

【before/after】

いかがでしょうか?

本日はIL BISONTE(イルビゾンテ)の長財布のご紹介をさせて頂きます。

お財布全体に発生した汚れや黒ずみが気になるという事で、修理のご相談を頂きました。
本来は少し落ち着いたオレンジといった感じの色味でしたが、経年劣化によって皮脂や汚れなどが革に染み込んでしまい、各箇所に黒ずみが目立ち始めてしまっていますね。

黒ずみが出ていない箇所に関しましても、日焼けや色褪せといったダメージで、お財布の内側などに比べますと変色している事が見られるじょうたいです。

革自体には、すぐに大きなダメージに発展してしまいそうなキズや乾燥などは見受けられませんでしたので、今回はお財布全体のリペアプランでご案内させて頂きました。

革の内部に入ってしまった黒ずみなどは、お色直し作業の天敵です。
汚れや黒ずみが残ったままお色直しをしてしまいますと、カラーリングが定着せずすぐに剥がれてしまう不具合が発生してしまいます。

クリーナーや特殊な薬品で、しっかりと汚れなどを落として、その後保湿を行ってからお色直し作業に進んで行きます。

お財布の場合は、大体カードホルダーの内側などの元々の色が残っている箇所に合わせて補色剤を調合していきます。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグ、お財布などのファスナー修理、持ち手交換、裏地や破れの修理などの縫製修理から、スレ傷、色直し、メンテナンスも承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。