●修理のご紹介●【Balenciaga(バレンシアガ)】シティのスレ、色褪せ修理☆

☆鮮やかなピンク色のバレンシアガ、シティ!!角スレなどの補修と、色褪せカラーリング修理のご紹介です☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、Balenciaga(バレンシアガ)シティの角スレやバッグ全体の色褪せが目立ってきたという事で、スレ傷補修とお色直し修理をさせて頂きましたので紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:Balenciaga(バレンシアガ)/シティ
製品種別:ショルダー2wayバッグ
カラー:ピンク
劣化状態:バッグ全体の色褪せ、スレ傷、黒ずみなど
ご依頼内容:メンテナンス+スレ補修+カラーリング+コーティング

【before/after】

いかがでしょうか?

本日はBalenciaga(バレンシアガ)/シティの、スレ傷補修と色褪せリカラー修理をさせて頂きました。

何度触ってもバレンシアガの革は柔らかくて、手触り抜群ですね。
さすがラムスキン(子羊の革)!
バレンシアガの他にラムスキンが使われているブランドとしては、シャネルやボッテガヴェネタ、ジミーチューなどのレザー製品がありますが、その中でもバレンシアガの革は独特なラムスキンをしている感じがします。

さて、今回はバレンシアガの中でも人気の高いシティという形のバッグですが、角スレでバッグの底角に毛羽立ちが目立ち始めていました。

バレンシアガらしい鮮やかなピンク色だったバッグも、全体的にやや色褪せてしまったという感じです。

今回は、そんなバレンシアガのシティのスレ傷補修とお色直しをさせて頂きました。

柔らかい反面、キズなどのダメージが入りやすいラムスキンは、バッグなんかに使われますと表面や四つ角なんかにスレ傷が入りやすくなってしまいます。

今回の修理では、角スレを整えた後に少し丈夫な補修剤で補強をさせて頂いております。
ラムスキンの柔らかさは若干損なわれてしまうのですが、バッグの角部分は縫い合わせのために革が3枚も4枚も重なって縫われていて、その分革の柔らかさなどは感じにくい部分になっています。
元々、バッグの構造として硬くなっている箇所なので、今回は柔らかさ重視よりも、ダメージの入りやすい四つ角を耐久性の高い補修剤で補強をさせて頂きました。

ダメージ部分を整えてからは、バレンシアガらしい鮮やかなピンク色に調合しました染料やカラーリング剤でお色直しをしていきました。

仕上げにコーティングをする事によって、修理後バッグを使っていても汚れなどが入り込みにくくなります。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグ、お財布などのスレ傷、色褪せ、日焼け、黒ずみ修理から、ファスナー修理や縫製修理、メンテナンス、カスタムも承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です