☆ターコイズブルーのロエベのレザーバッグ!!ボールペンの痕と、スレ傷による色剥げ修理のご紹介です☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、Loewe(ロエベ)のレザートートバッグのボールペン痕と、角スレなどで発生した色剥げ部分の修理をさせて頂きましたので紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:Loewe(ロエベ)/
製品種別:レザートートバッグ
カラー:ターコイズブルー
劣化状態:ボールペン痕、スレ傷、角スレなど
ご依頼内容:スレ傷補修+カラーリング修理

【before/after】

いかがでしょうか?

本日はスペインのレザーブランドLoewe(ロエベ)のレザートートバッグに、ボールペンが付いてしまったという事で修理をさせて頂きました。

王室御用達の称号も得ていたLoewe(ロエベ)ですが、現在はルイヴィトングループの傘下になっているんですね。
元々は職人が作ったレザー工房だけあって、シンプルな作りながらも縫製なども美しくて、どこか革へのこだわりを感じるようなトートバッグです。

バッグの底面に近い下の方に、大体3~4cm程度の長さでボールペンの痕が入ってしまっています。
今回のようなシンプルなデザインのバッグだと、ちょっとした汚れや傷などであっても、結構目立つんですよね。

ボールペン痕以外には特に大きなダメージがあるわけではありませんが、よく見るとバッグの角スレなんかも発生していましたので、バッグ全体の補修をさせて頂くことになりました。

ボールペン痕を薬品で落としてから、元々のターコイズブルーに合わせて調色したカラーリング剤でお直しをしていきます。

当店でもよくあるご相談が、バッグや財布などにボールペンなどのインクが付いてしまい、それを除光液で落とそうとして色まで剥がれてしまったというご相談です。

当店で修理をさせて頂く場合でも、ボールペンなどのインクを除去する際に一緒に革の塗装も剥がれてしまいますが、これはその後に革のケアやお色直しが出来るからであって、除光液で落としてそのままにすると革にとってあまり良いことはありません。
更には剥がれてしまったお色を直そうと、市販の革のカラーリング剤をされるケースもございますが、こちらも色が合わなかったり、異常に硬くなってしまったりなどという事が多くあります。

ボールペンなどのインクが付いてしまった時は、無理に除光液で取ろうとせずに当店のようなリペア業者へご相談ください。

ボールペンの除去をしてからは、バッグの四つ角などに発生したスレ傷を整えて、カラーリングとコーティングをして完成です。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグ、お財布などのスレ傷、色褪せ、日焼け、黒ずみ修理から、ファスナー修理や縫製修理、メンテナンス、カスタムも承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。