☆お財布修理【IL BISONTE(イルビゾンテ)】長財布の黒ずみ、汚れ修理のご紹介☆

☆イルビゾンテの長財布!!レザー表面の黒ずみと汚れを落として、お色直し修理です☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、IL BISONTE(イルビゾンテ)長財布の黒ずみと汚れのお手入れと修理をさせて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:IL BISONTE(イルビゾンテ)/
製品種別:長財布
カラー:オレンジ
劣化状態:色褪せ、黒ずみ、汚れなど
ご依頼内容:全体カラーリング+コーティング

【before/after】

いかがでしょうか?

本日は私も大好き、IL BISONTE(イルビゾンテ)の長財布の修理をさせて頂きました。

新品時は、もっと鮮やかなオレンジ色をしたイルビゾンテのお財布でしたが、使用感が出始めてレザー表面の黒ずみや汚れが目立ってきてしまっています。

ある一部のレザーを除いては、イルビゾンテの革は染色仕上げのものがほとんどなので、この黒ずみなどの変化がイルビゾンテの革の特徴と言えば特徴なんですね。

使っていくうちに使用感が出てきて、革の見た目も経年変化を起こしていきます。
革の味や、エイジングと言われるもので、イルビゾンテのレザーの理念と言いますかコンセプトのようなものでしょうね。
持ち主さんの使い方によって変化していくバッグや財布、それも革の味という事なんですね。

しかし見方を変えてしまえば、黒ずみなども汚れは汚れ。
折角の鮮やかなオレンジ色のイルビゾンテでしたから、出来るだけキレイ状態で長く持ちたいと方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回はお財布のカラーリング修理です。

ただカラーリングをしただけでは、イルビゾンテの革の風合いを大きく損なってしまいます。
黒ずみ部分などをクリーナーなどでしっかり落としてから、全体のカラーリングをしていきます。
もちろん、出来る限り革の風合いなどを損なわないようにカラーリング剤などの成分を調整してお色直しをさせて頂きました。

仕上げに表皮のツヤ調整とコーティングをして完成です。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグ、お財布などのスレ傷、色褪せ、日焼け、黒ずみ修理から、ファスナー修理や縫製修理、メンテナンス、カスタムも承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Follow me!

人気ブログ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

pick up
おすすめの記事