☆エルメス エブリン!ショルダーバッグの角スレ補修とカラーリング修理のご紹介です☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、HERMES(エルメス)エブリン ショルダーバッグのスレ傷が目立ち始めてきたという事で、スレ傷の修理をさせて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:HERMES(エルメス)/エブリン
製品種別:ショルダーバッグ
カラー:ブルー
現在の状態:スレ傷、色剥がれなど
ご依頼内容:スレ傷補修+カラーリングプラン

【before/after】

いかがでしょうか?

本日はHERMES(エルメス)のエブリン、ショルダーバッグのリペアをさせて頂きましたのでご紹介いたします。

ポンチ穴でブランドの頭文字が、バッグ本体に大胆にデザインされたHERMES(エルメス)のエブリン。
A4の用紙が入ってしまいそうな、縦長のレザーショルダーバッグですね。

パッと見た感じでは少し使用感は出てきていますが、大きなダメージは見当たりません。

ただバッグのフチに縫製されている革巻き部分や、バッグ本体をよく見てみると、小さなスレ傷が出てきてしまっていますね。
遠目で見る分にはほとんど分かりませんが、近くで見たり、光の反射などで見る角度によって少しスレ傷が目立ちます。

今回の修理としましては、スレ傷部分の補修とカラーリング修理です。
革の汚れなどを洗浄した後に、特に角スレなどが目立ち始めている外周の革巻き部分を中心に、補修剤でスレ傷を整えていきます。

その後に落ち着いた水色というような雰囲気の元々の色に合わせて調合したカラーリング剤で、バッグ全体のお色直しをしていきます。
特に今回ご相談頂きましたエブリンは、白色のステッチで縫われているためカラーリング剤がステッチに入ってしまうと、その部分だけステッチが途切れたように目立ってしまいます。
ステッチに色が移らないように慎重にカラーリング作業を行っていきます。

最後にツヤの調整とコーティングをして完成です。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。