ボッテガヴェネタの長財布!ファスナー修理のご紹介。

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

本日は、BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)ラウンドジップタイプの長財布のスライダーを交換させて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:bottega veneta(ボッテガヴェネタ)
製品種別:ラウンドジップ長財布
カラー:ブラック
劣化状態:ファスナーが閉まらない開閉不良
ご依頼内容:ファスナースライダー交換

ラウンドジップのお財布のファスナーが閉まらなくなった!

【before/after】
・ボッテガヴェネタの定番と言ってもいい、ラウンドジップ型の長財布ですね。

・beforeを見ると、スライダーの左右でファスナーがどちらも開いてしまっています。

・ファスナーテープ(布地部分)やエレメント(レール)にダメージが無ければ、スライダーの交換で直ることが多いです。

いかがでしょうか?

今回のボッテガヴェネタのお財布の修理は?

本日はBOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)の長財布の修理をさせて頂きました。

ラウンドジップ型の長財布で、stuts(studioNUTS)でも過去に何度修理をさせて頂いただろう?と思うほど数え切れないほどのご相談を頂いている形のお財布です。
ボッテガヴェネタの中でも本当に使っている方が多く、本当にブランドの定番と言っても過言ではないですよね。

今回は、そんなボッテガヴェネタのお財布のスライダー交換をさせて頂きました。
ラウンドジップ型のお財布では、よくある劣化症状なんですが、他の形のお財布に比べて外周のファスナーの開閉頻度が非常に高いため、その分ファスナーの劣化が早いんですね。

今回ご相談頂きましたお財布も、ファスナーをどっちに動かしても開いてしまうという症状で、スライダー金具が劣化してうまくレールを嚙合わせることが出来なくなってしまっています。
この状態では中身が出てきてしまい、ラウンドジップのお財布を使う事は難しいですよね。

ボッテガヴェネタのスライダー交換は?

という事で、今回はスライダー金具の交換です。

通常であればボッテガヴェネタのほとんどは「riri」というファスナーが使われているのですが、今回は元々取り付けてあったスライダーやレールの間隔など見てみると、どう見ても「YKK」のファスナーに見えます。
調べてみると、実はボッテガでは「YKK」を使っていた時期があるなんて情報を入手したので、「YKK」のスライダーを通してみるとファスナーが閉まるようになりファスナーが直ってしまいました。

いろいろ調べてみると、ブランド製品も時期やシリーズなどにより使われているパーツや金具が様々で、一概にこのブランドはこのメーカーのファスナーとは断言出来ないようです。
勉強になりました。

最後に元々のファスナー持ち手を付け直して修理完成です。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

お財布修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!
バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ボッテガヴェネタの修理事例はこちらから!

ファスナーの修理事例はこちらから!