☆お財布修理【BALLY(バリー)】長財布 角の破れとスレ傷、色褪せの全体修理をさせて頂きました☆

☆BALLY(バリー)2つ折り長財布!四つ角が大きく破れてしまったので、パーツ交換とカラーリング修理のご紹介☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、BALLY(バリー)2つ折り長財布の角が破れてしまったので破れ修理と、お財布全体のスレ傷リペアをさせて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:BALLY(バリー)/
製品種別:2つ折り長財布
カラー:ダークブラウン
現在の状態:角の破れ、スレ傷、色剥がれ、色褪せなど
ご依頼内容:外周の革パーツ交換+スレ傷補修+カラーリングプラン

【before/after】

いかがでしょうか?

本日はBALLY(バリー)の2つ折り長財布の修理をさせて頂きました。

かなり長い期間ご愛用されていたのか、お財布全体に使い込んだ雰囲気が目立ち始めていますね。
スレ傷や色剥がれがお財布の外側、内側両方に出てきていてダメージが進んでしまっています。

特に今回ご相談頂きましたお財布は、2つに折れ曲がる角の部分に大きな破れが出来てしまっていて、このままご使用されると日に日に破れが大きくなってしまう危険性があります。

このままでは大変だということで、今回は破れが発生している外周部分のパーツの交換と、外側、内側両方ともにスレ傷の補修と、色褪せのカラーリング修理をさせて頂きました。

破れ部分は、辛うじて修理をお断りさせて頂かなければならない程、お財布本体側にはダメージは進行しておらず、パーツ交換で縫い直しが出来る程度には革が生きていました。
幅が1cm程度の外周の革パーツを新しい物に交換した後に、表皮に出来てしまっているスレ傷や色剥がれなどを補修剤で整えていきます。

仕上がりの色味は、お財布内側のカードホルダー付近などを目安にカラーリングしていきました。

お財布の状態としてはかなり劣化が進んでいましたが、ダメージの入りやすい外周部分を新しい革に交換したことで、修理前より格段に耐久面は向上して使いやすくなっていると思います。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です