☆バッグ修理【LOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)】エピ アルマ 角スレやバッグ底部分のキズ、黒ずみ修理をさせて頂きました☆

●ルイヴィトン エピ アルマ!レザーハンドバッグの角スレとキズ、黒ずみなどの部分修理をさせて頂きました●

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)エピ アルマの角スレと底部分のキズ、黒ずみが出てきたという事で、ダメージ箇所にみの部分修理させて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)/エピ アルマ
製品種別:ハンドバッグ
カラー:レッド(フューシャ)
劣化状態:角スレ、キズ、黒ずみなど
ご依頼内容:バッグ底パーツの部分補修修理

【before/after】

いかがでしょうか?

本日は、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)エピ アルマというハンドバッグタイプのバッグの修理をさせて頂きました。

ルイヴィトンのフューシャというワインレッドのようなカラーのエピのバッグです。

ルイヴィトンでは定番のアルマという形のハンドバッグで、エピ以外にも様々なラインでこちらのアルマはラインナップされていますね。

今回はそんなエピのアルマの角スレや、底面パーツにスレ傷、黒ずみが付いてしまったのでキレイにしたいという事で修理のご相談を頂きました。

バッグ全体を見てみると、新品に近いのではと思う程キレイな状態ですが、バッグの底部分のパーツを見てみると角スレなどのダメージが見受けられます。

角スレによる色剥がれもそうなんですが、黒いゴムのようなものを擦ったかのような黒ずみや、細かなスレ傷が出てしまっています。

今回のアルマのようなバッグの場合、バッグ本体のエピの縞柄の部分はダメージが入っても目立ちにくいですが、底面のツルっとした箇所は柄や型押しがない分だけダメージが入ってしまうと目立ちやすくなってしまいますよね。

今回の修理は部分補修です。
目立つダメージはバッグの底面パーツにしか見受けられませんでしたので、エピの柄の部分は触らずにツルっとした底面のパーツ部分にもを補修させて頂きました。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です