☆COACH(コーチ) のビジネスバッグ!持ち手修理のご紹介☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

本日は、COACH(コーチ)ビジネスバッグの持ち手が剥がれてきてしまったという事で、コバの再加工修理をさせて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:COACH(コーチ)
製品種別:ビジネスバッグ、ブリーフケース
カラー:ネイビー
劣化状態:持ち手コバ剥がれ
ご依頼内容:コバ再加工修理

バッグのハンドル縁の剥がれ。ゴムのような加工のコバ剥がれの再加工修理

【before/after】
・バッグの正面から。全体的に見ると特にダメージがあるようには見えません。

・持ち手などの、革の断面を加工された個所をコバと言います。

・コバは、革の断面部分の毛羽立ちやひび割れなどの劣化を防ぐ役目があります。

いかがでしょうか?

今回のCOACHのバッグの修理内容は?

本日は、COACH(コーチ)ビジネスバッグの修理をご紹介いたします。

ネイビーカラーのレザービジネスバッグで、COACH(コーチ)らしい丈夫な牛革が使われています。

特に本体側には目立つダメージは無いのですが、持ち手部分のコバが5cm程度剥がれてしまっていて、コバを加工していた樹脂が捲れあがってしまっている状態です。

ちょうど持ち手のテッペンの辺りで、バッグを使う時は常に手で握る部分ですが、持ち手がこの状態ではバッグを持ちにくくてしょうがないですよね。

このような持ち手コバの症状の多くは、バッグをご使用されている時の負荷と、手の皮脂などが原因でコバ加工の定着が弱くなってしまって剥がれてしまうんです。

これをこのまま放置すると、剥がれたコバが更に広がってしまう危険性があり、コバで蓋をされていた革の断面に汚れなどが入り込んでしまって、徐々に黒ずんでいってしまう可能性があります。

コバなんてバッグ全体からしたらほんの僅かな箇所なんですが、されどコバといった感じでデザイン的にも、耐久面的にも結構重要な箇所だったりします。

今回は定着が弱くなっているコバを、剥がせる部分まで剥がしてから再加工させて頂きました。

この度は当リペアサービスにご依頼頂き、誠にありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けると幸いです。

バッグの修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!
バッグやお財布、靴やジャケットのパーツ交換、破れ修理、シミ、黒ずみ、スレ傷修理から縫製修理、メンテナンスなど、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コバ補修の修理事例はこちらから!!

この他のCOACHの修理事例はこちらから!!