DIOR HOMMEのお財布修理のご紹介!

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studio nuts)」です。

本日は、DIOR HOMME / ディオール オムのラウンドジップ型のお財布の各部の修理をさせて頂きましたのでご紹介いたします。

【データ】
ブランド/製品名:DIOR HOMME / ディオール オム
製品種別:ラウンドジップ型長財布
カラー:ブラック
劣化状態:ファスナーの開閉不良、革表面のスレ傷、外周部分の革巻くれ、コバのひび割れや剥がれなど
ご依頼内容:スライダー交換、レザー部分の外側全体のリペア、革捲れ部分の接着修理、コバの再加工

お財布の表面のスレ傷とファスナー、フチのひび割れや剥がれ補修。

【before/after】
・お財布の正面から。表面に出ていたスレ傷を整えて染直しを致しました。

・ファスナーが開きっぱなしだったので、スライダー交換をさせて頂いてます。

・フチの革が捲れていたので、接着をしてからコバ加工をしています。

・ファスナーも閉まるようになり、フチのダメージも補修致しました。

いかがでしょうか?

今回のDIOR HOMMEのお財布修理の内容は?

本日はDIOR HOMME / ディオール オムのラウンドジップ型のお財布に各部不具合が出てきてしまったという事でリペアのご相談を頂きました。

やはり、真っ先に気になるのがファスナーの開閉不良ですね。
スライダーという開閉金具をどっちに動かしても開きっぱなし!
これでは中身が全部出てきてしまい、使用に問題がありますよね。
ファスナーのレール部分は、経年劣化によりメッキが剥がれてしまっていますがまだまだ元気なので、今回は引手部分の金具のお色に合わせたニッケルのスライダーを交換させて頂きました。

次に気になるのが、上の写真3枚目などが分かりやすい外周部分の革の捲れですね。
ファスナーに沿って外周部分が縫製されていますが、その端の革の部分が捲れあがってしまっています。
これは元々革の断面部分をゴムのようなモノで加工したコバという箇所が剥がれてきてしまったため、革が捲れてしまっている状態です。
特に写真3枚目の部分は、4~5cm程度に渡って革が捲れていますので、こちらは捲れている箇所を接着してから外周のコバを再加工致しました。

最後に革表面のスレ傷が徐々に目立ち始めていましたので、スレ傷の補修とカラーリング、そしてコーティングをさせて頂きました。

この度は当リペアサービスにご依頼頂き、誠にありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けると幸いです。

お財布の修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!
バッグやお財布、靴やジャケットのパーツ交換、破れ修理、シミ、黒ずみ、スレ傷修理から縫製修理、メンテナンスなど、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

DIORの修理事例はこちらから!

お財布の修理事例はこちらから!

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル