エルメス アザップのシルクイン長財布!ファスナー修理のご紹介です。

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

本日は、HERMES(エルメス)アザップのシルクイン長財布のファスナー修理をさせて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:HERMES(エルメス)/アザップ シルクイン
製品種別:ラウンドジップ型長財布
カラー:レッド
現在の状態:ファスナーの開閉不良、閉まらなくなってしまった
ご依頼内容:スライダー交換

エルメス アザップのファスナーが閉まらなくなってしまった。

【before/after】
・鮮やかな赤いエルメスのラウンドジップ型のお財布です。

・riri製のファスナーが使われていますね。

・ファスナーがどちらに動かしても開きっぱなしになってしまっています。

・ファスナー全体にはダメージは見受けられなかったので、スライダーの交換で修理をさせて頂きます。

いかがでしょうか?

今回のエルメスのお財布の修理内容は?

本日はHERMES(エルメス)のアザップのシルクイン長財布のご紹介です。

アザップというシリーズのラウンドジップ型のお財布で、お財布の内側にエルメスの代名詞でもあるあのスカーフのようなシルクの生地が使われています。

そのなエルメスのアザップですが、beforeのお写真のように今回はファスナーが閉まらなくなってしまったという事で修理のご相談を頂きました。

ファスナーのあるお財布は、長く使っているとどうしてもこのような症状が出てしまうんですよね。

金属部分の摩耗など開閉不良が発生する原因は色々あるんですが、その多くがファスナーのレールを挟み見込んでいるスライダーという開閉金具の部分が開いてきてしまって、レールを上手く噛み合わせる事が出来なくなってしまうんですね。

ネット上では自分で出来る応急処置という事で、スライダーをペンチなどで締め直すなんて方法が紹介されているのですが、この方法は力加減が難しくて少し力を入れすぎてしまうとスライダーやファスナーレール自体を傷めてしまう可能性があるんです。(自分で応急処置をする場合は、ゆっくり慎重に!!)

今回ご相談頂きましたアザップはスライダーの交換をご案内させて頂きました。

HERMES(エルメス)製品はスイスのriri(リリ)社製のファスナーを使用している事が多いので、修理用に当店で用意出来るririのシルバー色のスライダーで交換をさせて頂きます。
m-4号という大きさのスライダーで、スライダーの持ち手部分は付け直しが出来るように爪の部分に隙間がありますので、エルメスオリジナルの持ち手を付け直し致しました。

HERMES(エルメス)のお財布は、ファスナーエンドにブランドオリジナルの「H」の金具が付けられているので、こちらもなるべく再利用が出来るように慎重に取り外ししていきます。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

お財布修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!
バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

エルメスの修理事例はこちらから!!

ファスナーの修理事例はこちらから!