☆ルイヴィトンのダミエの長財布の修理をさせて頂きました☆

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

本日は、LOUIS VUITTON / ルイ・ヴィトンのダミエ、長財布の糸ほつれと外周、マチ部分のスレ傷修理をさせて頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:LOUIS VUITTON / ルイ・ヴィトン ダミエ
製品種別:長財布
カラー:ブラウン
現在の状態:糸ほつれ、スレ傷、色剥がれ、コバ剥がれなど
ご依頼内容:縫い直し、カラーリング、スレ傷補修、コバ再加工

糸のほつれとスレ傷、色剥がれ、外周のカバが剥がれてしまった!

【before/after】
お財布の外周部分、ゴムのような加工がされているコバという個所の剥がれが目立ち始めています。

お財布の折れ曲がる個所は、負荷が掛かりやすいので糸のほつれや千切れなどが出やすいですね。

お財布のマチ部分で、中の仕切りのために折れ目がたくさんあります。
やはり山折り部分はスレ傷などが発生しやすくなっています。

いかがでしょうか?

今回のヴィトンのお財布の修理内容は?

LOUIS VUITTON / ルイ・ヴィトンのダミエ、長財布にところどころ細かなダメージが目立ち始めたという事で修理のご相談を頂きました。

一つは何度も開閉する折れ曲がり部分の糸ほつれで、今にもマチ部分が剥がれてきてしまいそうな程、糸のほつれが広がっています。
こちら上糸、下糸それぞれの色に合わせて縫い直しを致しました。

次にお財布外周部分のコバというゴムのような加工がされた部分が経年劣化で剥がれてきています。
こちらコバも、元の色に合わせた補修剤で再加工を行いました。

更にはマチ部分の色剥がれが目立ち始めていたので、スレ傷を整えてカラーリングをしております。

ルイヴィトンのお財布修理はお気軽にご相談ください!!

今回ご紹介いたしましたダミエのお財布は、あちこちに様々なダメージが出ていましたので、それぞれに合った修理をご案内させて頂きました。
こちらの修理事例の場合は、各修理箇所ともに大きなダメージには進行しておらず早めに修理のご相談を頂いたので、修理痕も残りずらくダメージの進行も比較的キレイな状態で食い止めることが出来ました。

ルイヴィトンの修理事例はこちら

お財布の修理事例はこちら

お財布修理では、糸のほつれ、スレ傷、コバ加工などの他にも、様々なお悩み、ご相談を承っております。
内容により出来るもの、出来ないものなどございますが、お気軽にご相談ください。

この度はリペアのご依頼を頂きましてありがとうございました。
これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!
バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。