LOEWE(ロエベ)のハンドバッグ、ファスナー修理のご紹介!

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

本日は、LOEWE(ロエベ)のレザーハンドバッグのファスナー修理のご紹介です。
ファスナーを開け閉めするスライダーが折れてしまい困っているという事で、スライダー交換をさせて頂きました。

同じような症状でお悩みの方に、少しでもお役にたてば幸いです!!

修理品の詳細

ブランド/製品名:LOEWE(ロエベ)
製品種別:ハンドバッグ
カラー:ベージュ
劣化状態:ファスナースライダーが折れて、持ち手が取れてしまった。
ご依頼内容:スライダー交換

スライダーが折れてしまった場合は、スライダー交換で修理可能です!!

【before/after】
・バッグの正面から。全体は大変キレイで修理箇所は見当たりません。

・バッグ間口のスライダーの写真です。

・持ち手を付ける爪のような部分が根元から折れてしまっていました。

・今回の修理はYKK製のスライダーで交換をさせて頂きました。

今回のLOEWEのバッグのお悩みは?

今回は可愛らしいデザインのLOEWE(ロエベ)のレザーバッグのファスナーが壊れて、開け閉めがしにくく困っているというご相談でした。

バッグの間口に銀色のファスナーが付いているのですが、ファスナーを開け閉めするためのスライダーという金具が折れてしまっています。
スライダー自体をつまんで動かせば開け閉めすることは出来なくはないのですが、持ち手を取り付ける爪のようなものが折れてしまったため、すごい不便な状態になってしましました。

私自身も同じような経験があるのですが、こんな状態になると開け閉めするのが不便なのでファスナーを開きっぱなしにしてしまいますよね。
そうなってしまうと、バッグの中身が丸見えで無用心になってしまい、「何のためのファスナー?」なんて事になってしまいます。

また持ち手を付けることが出来ないために、見た目的にもなにか物足りない印象になっていませんか?
ブランド製品のファスナーは、オリジナルデザインのファスナー持ち手がついていることが多いですよね。
それぞれのブランドが独自の印象的な持ち手をしているので、どこのブランドか分からないくらいシンプルな製品だったとしても、ファスナーの持ち手でその製品の印象がガラッと変わるなんて事が少なくありません。

お気に入りの愛用品が気持ちよく使えなくなってしまうのは、気分まで落ち込んでしまいます。

今回のLOEWEのバッグの修理内容は?

今回のLOEWE(ロエベ)のバッグは、スライダー交換で修理をさせて頂きました。

ご依頼頂いたバッグは国内メーカーのYKKファスナーが使われていましたので、同じYKKのスライダーで交換修理を行います。
ファスナーの端を少し分解してから壊れてしまったスライダーを抜き取り、同じような色のスライダーを新しく通し直します。

ファスナーの持ち手も新しいスライダーに付け直して修理は完了です。

この度は修理のご依頼を頂き、誠にありがとうございました!
今回の修理で今後も末永く気持ちよくお使い頂けると幸いです。

バッグの修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!
バッグやお財布、靴やジャケットのパーツ交換、破れ修理、シミ、黒ずみ、スレ傷修理から縫製修理、メンテナンスなど、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

LOEWE(ロエベ)製品の修理事例はこちらから!!

ファスナーの修理事例はこちらから!

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル