COACH(コーチ)のショルダーバッグ、シミ修理のご紹介!

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

本日は、COACH(コーチ) オールドコーチのショルダーバッグのカラーリング修理のご紹介です。
バッグ表面に小さなシミがたくさん出来てしまったという事で、シミの補修とリカラー修理をさせて頂きました。

同じような症状でお悩みの方に、少しでもお役にたてば幸いです!!

修理品の詳細

ブランド/製品名:COACH(コーチ)
製品種別:ショルダーバッグ
カラー:ブラウン
劣化状態:レザー表面のシミ、汚れ、角スレなど
ご依頼内容:スレ補修、リカラー修理

レザー表面に出来た小さなシミも、リカラーで修理可能です!!

【before/after】
・バッグの正面から。大きな傷などはありませんが、少し使用感が感じられますね。

・バッグの背面側です。

・バッグの蓋部分ですが、黒っぽい小さなシミが出来てしまっている事が分かると思います。

・角スレによる色剥げも補修させて頂きました。

今回のCOACHのバッグのお悩みは?

今回はCOACH(コーチ)の中でも人気の高い、オールドコーチと言われるシリーズのショルダーバッグ修理のご相談です。

レザーの表面にカビなのか水シミなのか分からない、黒いツブツブのような点々が無数に出来てしまいお困りという事で当店へご相談を頂きました。

オールドコーチと言われるようなシリーズは比較的年数が経った古い製品が多いので、使用感と言ってしまえばそれまでですが、やはり使用するとなると気になりますよね。
原因が明らかな水やコーヒーなどのシミももちろんショックですが、原因不明のシミや汚れというのも何だか気持ち悪くて嫌なものです。

オールドコーチで使われている革素材は、元々野球のグローブなどに使われるような素材だそうで、厚みがあり丈夫なため長く愛用することができます。
しかし革表面は主に染色仕上げがされているため、塗装された革に比べるとシミなどが出来やすい革となっているんです。

今回はシミに加えまして角スレなども出ていましたので、全部合わせて修理をさせて頂きました。

今回のLOEWEのバッグの修理内容は?

今回のCOACH(コーチ)のショルダーバッグは、スレの補修とカラーリング修理をさせて頂きました。

当店ではシミなどの修理の場合、元のお色に合わせましたカラーリング剤でお色直しの修理をさせて頂きます。

バッグの内側や、蓋を開けた部分などに元のお色が残っている事が多いので、そのような箇所のお色に合わせてカラーリング剤を調色していきます。

オールドコーチの場合は元が非塗装の革のため、あまりカラーリングをしてしまうと本来の革の良さが損なわれてしまいます。
そのため出来る限り革素材の質感や雰囲気を残せるよう、シミの補修と全体的なカラーリングのバランスを見ながら、カラーリング剤の配合や塗装量などを調整して修理をさせて頂きます。

オールドコーチのような染色仕上げの革素材の場合、カラーリングをする事で手触りやお色の雰囲気が少し変わってしまうリスクはありますが、修理をする事で表面に新しい塗膜が出来ることでお預かり時よりもシミなどには強くなります。

この度は修理のご依頼を頂き、誠にありがとうございました!
今回の修理で今後も末永く気持ちよくお使い頂けると幸いです。

バッグの修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!
バッグやお財布、靴やジャケットのパーツ交換、破れ修理、シミ、黒ずみ、スレ傷修理から縫製修理、メンテナンスなど、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

COACH(コーチ)製品の修理事例はこちらから!!

ファスナーの修理事例はこちらから!

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル