お財布や革小物の「お手入れ」から「修理」まで

私たち「stuts(studio NUTS)」では、お財布や革小物のクリーニングスレ傷・破れ補修カラーチェンジ(色変え)ファスナーの交換、内袋・裏地の交換、縫製修理などを承っております。

「壊れた!」、「汚れた!」といったお困り事から、
「お手入れは?」、「長持ちさせるには?」といったご相談、
「持ち手の長さを変えたい!」や「思い切って色を変えたい!」など、
お財布や革小物の「なぜ?」「なに?」「困った!」を解決いたします。

当店では革素材に精通した職人が施工を行っておりブランド品の修理の実績も多数ございますので他店様で断られてしまったものでも、お気軽にご相談ください。

◆カラーリング・スレ傷補修事例◆

お財布の汚れや黒ずみが気になってきた!

【ご相談内容】

お財布を使い始めてから、しばらくして汚れや黒ずみが気になるように
なってきた。
大切なお財布なので、今後も出来るだけ長く使いたいと思っています。
現状の雰囲気を壊さずに、汚れと黒ずみを何とかして欲しい。

【修理内容】

イルビゾンテ特有の革の雰囲気を壊さないように、メンテナンスと
薄い補色をさせて頂きました。
汚れ落としなどで、表面の汚れを落とした後に、取り切れない黒ずみや
シミの修理のために薄くお色直しをしています。
最後にコーティングをしているので、今後も長くお使い頂けると思います。

お財布の色が剥がれてきた!

【ご相談内容】

ルイヴィトンのモノグラムのお財布の内側の色が剥げてきた。
外側は何ともないので、内側の色剥げを修理して欲しい。

【修理内容】

モノグラムの内側本来のお色に合わせて調合した補色剤で、
色剥げ部分のお色直しをさせて頂きました。
金具や爪などが当たり、表面がスレてしまった箇所も
補修していますので、今後も気持ちよくお使い頂けると
思います。

お財布の表面や周りがボロボロに!

【ご相談内容】

購入してから数年、編み込んであるお財布の表面がボロボロになってきた。
お財布の周りにも、キズやひび割れ、破れが目立ってきたので、修理を
して欲しい。

【修理内容】

経年劣化により、革の表面のスレが目立ち始めていましたので、
全体の修理をさせて頂きました。
本来のお色に合わせて調合した塗料で、お色直しをすると共に、
剥がれてしまった表皮の再形成をさせて頂いております。
負荷が掛かりやすいお財布の外周部分も、キズ補修などを
行い修理させて頂きました。

除光液で色が剥がれてしまった!

【ご相談内容】

ボールペンのインクか何かのシミを見つけたので、家にあった除光液で
取ろうとしたら、革の色まで剥げてしまった。
他の部分は何ともないので、剥げてしまった箇所だけ修理出来ないか?

【修理内容】

ブランドの代名詞でもある、ティファニーブルーのお色に
合わせて調合した塗料で、部分的なお色直しをさせて頂きました。

◆縫製・金具・パーツ交換修理◆

ファスナーが壊れて閉まらなくなった!

【ご相談内容】

お財布のファスナーが壊れて、閉まらなくなってしまった。
どっち方向に動かしても、お財布が開いてしまう。
ファスナーを開け閉めする持ち手の革も、千切れて無くなって
しまったので、ファスナーと一緒に修理をお願いしたい。

【修理内容】

ファスナー全体の交換と、持ち手のチップ作成を
させて頂きました。

オリジナルに近い色味のファスナーを新たに取り付け、
ボッテガヴェネタの
お財布によく見られる、
丸いチップ型の持ち手を作成致しました。