【TORY BURCH(トリーバーチ)】バッグの持ち手コバ剥がれのご相談を頂きました。

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」です。

本日は、TORY BURCH(トリーバーチ)のバッグの持ち手部分のコバが剥がれた、というご相談を頂きましたのでご紹介致します。

【データ】
ブランド/製品名:TORY BURCH(トリーバーチ)/
製品種別:バッグ
カラー:ブラック
現在の状態:持ち手のコバ剥がれ
ご依頼内容:コバ全体補修

※施工後のブログはこちらからどうぞ!

【before】

トリーバーチはニューヨークで2004年に創業したブランドです。
印象的なロゴにも象徴されているように、モダンでありながらクラシックデザインも織り込まれている製品が多く、人気の過熱ぶりは勢いを増していますね!
ブランドコンセプトは「手の届くラグジュアリー」との事ですが、製品の作りも良くて、創業がまだ浅いとはいえ本当に一流ブランドだと思います。

各国のセレブ達にも人気が高いトリーバーチですが、若い女性が持っているのをよくお見掛けしますね!
デザイン的には少し年配の方でも上品に使えそうなクラシックな感じですが、若い女性がこぞって使用しているという事は、やはり計算され尽くしたモダンデザインが効いている証拠だろうと・・・ヒトリゴトをぶつぶつ言いながら街を歩く日々です。笑

さて、この度はトリーバーチのバッグ持ち手のコバがぺろーんと剥がれてきてしまった!とのご相談です。
ご自身で接着剤補修されてみたそうですが、余計におかしなことになってしまった、とご連絡を頂きました。

コバというものは、取れてしまった物だけをみるとテープ状の物を取り付けているようにも見えるのですが、もともと液状のコバ剤を革断面に直接塗っていくものです。
接着剤でつけようとしても、接着剤自体の厚みなどのせいでなかなか難しいかと思われます。

今は剥がれていない部分もすぐに剥がれてきてしまいそうな状態ですので、現状のコバを一旦全て剥がしてから全体のコバ再生修理をさせて頂きます。

さて、こちらのTORY BURCH(トリーバーチ)のバッグ持ち手のコバが、どのような仕上がりになるかはまた後日ご紹介致します。

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)(スタッツ(スタジオナッツ))」まで!!
バッグやお財布などシミ、黒ずみ、汚れやスレ傷修理から縫製修理など、様々な革製品の修理を承っております。
もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Follow me!

人気ブログ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

pick up
おすすめの記事